貸切バスの種類と選び方

貸切バスの種類と選び方 一言で貸切バスといっても、その種類はたくさんあります。ゴルフや旅行、新人研修などの目的に合わせて最適なバスを選ぶのはとても重要な事です。持ち物が多いような場合には、車種によっては積み切れない場合もありますので、人間だけでなく荷物の事もしっかりと頭に入れておく必要があります。

少人数で貸切バスを利用する時にはミニバスがおすすめです。ミニバスは他にもコミューターやジャンボタクシー、ワゴンタクシー、ミニバスといったよばれ方をしておりますが原則同じ車種になります。バスといっても普通乗用車とほとんど変わらない大きさのボディーですので、市街地観光などの狭い道も楽に運行する事ができます。ミニバスはバスの中では最も小さなボディーに9人から13人分の座席があります。カラオケやテレビ、冷蔵庫、マイクなどの観光設備は基本的にありません。ちょっと大きな普通車というような位置づけになります。

リーズナブルな価格帯の貸切バスを利用しようと思った場合、マイクロバスがおすすめです。普通自動車では足がでる人数が近距離を移動する観光祭や視察研修などの際などは、マイクロバスはとてもお得に使用する事ができます。マイクロバスは、荷物を載せる場所があまり広くありませんのでスーツケースなど、手荷物が多い場合には使用は難しいかも知れません。マイクロバスはバス自体に目的はなく、現地についてから楽しみたいという単に移動を手段と考えている場合にはコストパフォーマンスの高い移動手段だと言えます。一般的なマイクロバスは、補助席も合わせて24人までが搭乗可能ですが、28人まで乗車可能な車種もあります。28人以下で中型バスよりもリーズナブルな価格で利用したい方におすすめのバスになっております。

テレビやビデオ、DVD、冷蔵庫等の装備も揃っていて快適な旅を送りたいなら、小型バスもおすすめです。少人数の観光などには、マイクロバスよりも向いているでしょう。サロン型の座席がある小型バスなら道中も楽しみながら移動する事ができます。小型バスは全長約7メートルに6列の座席があり、後部をサロンタイプにすることも可能です。しかし、現在は小型バスを生産している会社がありませんので、所有しているバス会社の数も少ないのが現状です。

ゆったりとしたシートが魅力の中型バスは、マイクロバスや小型バスよりもトランクが大きいので、荷物の多いゴルフやスノボー旅行にも対応する事ができます。座席同士の距離感や、シートのクオリティーも高いので長時間の移動でも楽々です。後部座席をサロンタイプにしてもゆったり28人が搭乗する事ができます。

会社の慰安旅行や団体での視察研修、新人研修、観光旅行や大学のサークルの旅行や、学校行事などの大人数移動には、貸切バスの中でも最も大きな大型バスがおすすめです。また、貸切バスの中でもグレードの高いシートを使用しているので長距離、長時間の移動や、数日に渡って使用するような場合には、間違いなく大型バスはおすすめです。荷物を積むトランクも大容量ですので、ゴルフなど持ち物が多い場合にも安心して利用する事ができます。

いろいろな種類の貸切バスがありますが、バスの種類はもちろんのこと、バス会社や貸切バスを利用する時期や時間によっても貸切バスの価格は全然違います。複数のバス会社に見積りを出して、もっともお徳な会社に依頼するとコストパフォーマンスの高い会社を選ぶ事ができるのですが、時間がないと言う方は、貸切バス料金見積り比較サイトを利用するのがおすすめです。一度入力すれば複数のバス会社から見積りを貰う事ができますので非常に簡単ですのでおすすめです。愛媛県行ってみない?

最新ニュース