貸切バスの利用料金について

貸切バスは社員旅行や家族旅行など様々な用途に使うことができ、ニーズが高まっている乗り物です。貸切バスを利用してみたいけれど料金が心配、という方は多いのではないでしょうか。貸切バスは料金の決まられ方がはっきりしているので、それさえ知っていれば、お得にバスを利用することができます。

まず貸切バスの最低料金についてです。バスを貸切るときは最低3時間からと法律で決まられています。実際のバス利用時間がたった30分だったとしても、最低3時間の運賃によって計算されます。さらに、安全にバスを運行するためには、お客様をのせる前の「出庫前点検」とお客様を降ろした後の「帰庫後点検」が各1時間ずつ必要になります。つまり、計5時間分の利用料金によって計算されるというわけです。

バスの利用料金は、バスを安全に運行するために、上限や下限が国土交通省によって定められています。料金は距離だけ、時間だけではなく、距離と時間をあわせ、安全対策を含めたコストで計算されるようになりました。

貸切バスの料金は、主にバスの大きさで変わってきます。ミニバス、マイクロバス、小型バス、中型バス、大型バスの順に料金が高くなっていきます。また同じ大きさのバスであっても、設備や装備などによって利用料金が違うものもあります。トイレ付きのものやリフト付きのものなど、設備の充実度や車両のグレードの高さなども料金決定に大きく関わります。

貸切バスの利用料金を決まるのに、大きく関わるのが、利用の時期や曜日です。繁忙期や土日の利用は料金が高めになります。閑散期や月曜日、水曜日などの比較的利用者が少ない日に予約をすると、リーズナブルにバスを利用することができます。土日祝日は平日と比べて2割から3割程度割増しになるバス会社が一般的です。

走行距離や利用時間によってもバスの利用料金は変わってきます。バス会社は8~9時間が通常、1日の料金となっています。短時間での利用やピストン運行など、用途によってはリーズナブルに利用できる場合もあるので、相談するとよいでしょう。また、走行距離は200~250kmまでが基本料金となっています。それ以上の走行は追加料金が必要となります。さらに、深夜の移動や利用時間が16時間を超える場合など、走行距離が長くなると、ドライバーが2名以上必要となり、利用料金も高くなります。リーズナブルにバスを利用するには、1日8~9時間で200~250km以内の移動でプランを作成するとよいでしょう。キレイモキャンペーン