ミニバスを貸切バス利用する

貸切バスは少人数から大人数まで利用できる便利な交通手段です。ちょっとした送迎や、少人数での旅行の際にぴったりなのが、ミニバスです。貸切バスには様々な種類があり、用途によってバスの種類を選ぶことができます。このミニバスは13名まで乗車可能です。タクシーでは乗り切れない人数で移動したいけれど、マイクロバスでは大きすぎるというときには、もってこいのサイズとなっています。

ミニバスは別名、コミューターとも呼ばれています。トヨタのハイエース、日産のエルグランドなどの車両が使われていることが多いです。乗車人数は10~13人ほどですが、座席を倒して荷物スペースにする場合もあります。テレビや映画の撮影に使う機材を運ぶ時や、そのスタッフが移動する時にちょうど利用しやすい大きさで、ロケバスとしてもよくつかわれています。

旅行先の観光にもぴったりなのが、ミニバスの特徴です。中型車両なので小回りがきき、道路の狭いところでもスイスイ走ることができます。昔ながらの狭い路地が残る街をまわる際、歩きで観光するには厳しい場合でも、ミニバスの小さな車両サイズが役に立ちます。

駐車スペースもそれほど必要ないので、手間がかからず、観光地をまわるには最適な大きさです。少人数でのグループ旅行に使われることが多いですが、行事やイベントの送迎などにも利用されています。飲酒運転予防のため、飲み会での送迎にも使われており、ちょっとした行事にも使いやすいのがミニバスの良さです。

定員9名のジャンボタクシーや、定員5~6名のワゴンタクシーは、有料道路を普通車の通行料金で通行することができます。貸切バスを運営している会社でも手配は可能なようですが、所有する台数が少ないようです。

貸切バスを利用するには大人数でないといけないというのは間違いです。少人数からでも気軽に利用することができます。今はインターネットから無料で見積もりを請求することも可能です。イベントや行事の交通手段でお困りの方は、一度見積もりを請求してみてはいかがでしょうか。

日程や人数さえ決まっていれば、簡単に見積もりを取ることができます。ミニバスは貸し切りバスを初めて利用される方でも、比較的気軽にリーズナブルな料金で利用できるのではないでしょうか。貸切バスはまだ一般になじみのない乗り物かもしれませんが、便利である程度融通の利く交通手段なので、これからニーズが高まっていくかもしれません。